C#

プログラミング一般

C#でLinq to XMLによる設定ファイル読み込みとバージョンアップ

本記事は、の続きとして、XMLを読み込む方法として、Linq to XMLによる設定情報やパラメータの扱いについて記載します。なお、書き込みについては、XMLのXpathによる部分を参照してください。 Linq to XMLによる...
プログラミング一般

C#でJSON Serializeによる設定ファイル管理とバージョンアップ

本記事は、の続きとして、JSONのSerializeとDeSerializeによる設定情報やパラメータの扱いについて記載します。JsonのSerializeとDeserializeは、設定ファイル管理において扱いやすい特徴があり、さらにファ...
プログラミング一般

C#でXML Serializeによる設定ファイル管理とバージョンアップ

本記事は、の続きとして、XMLのSerializeとDeSerializeによる設定情報やパラメータの扱いについて記載します。XMLのSerializeとDeserializeは、設定ファイル管理において扱いやすい特徴があり多く使わています...
プログラミング一般

C#でXMLのXPathよる読み書きとバージョンアップ

本記事は、の続きとして、XMLのXPath(DOM)による設定情報やパラメータの扱いについて記載します。この記述は.netがリリースされたときからの技術で、初期の時はかなり流行っていました。 XPathによる読み書きのシンプルな仕...
プログラミング一般

C#の設定ファイル(*.settings)による読み書きとバージョンアップ

本記事は、の続きとして、アプリケーションの設定ファイル(*.settings)による設定情報やパラメータの扱いについて記載します。Visual Studioを使って開発する際(必ずしも、VSでなくても可能ですが)、構成ファイルを使う方法がい...
プログラミング一般

C#のApp.Configによる読み書きとバージョンアップ

本記事は、の続きとして、アプリケーション構成ファイル(app.config)による設定情報やパラメータの扱いについて記載します。Visual Studioを使って開発する際(必ずしも、VSでなくても可能ですが)、構成ファイルを使う方法がいく...
プログラミング一般

C#のレジストリによる読み書きとバージョンアップ

本記事は、C#での設定ファイル管理とパラメータのバージョンアップの連載の一部として、レジストリによる設定情報やパラメータの扱いについて記載します。アプリケーションの設定情報を保存し、読み込む方法はいろいろあり、レジストリを利用するのはその中...
プログラミング一般

C#のINIによる読み書きとバージョンアップ

本記事は、C#での設定ファイル管理とパラメータのバージョンアップの続きとして、INIファイルによる設定ファイル、パラメータファイルの扱いについて記載します。アプリケーションの設定情報を保存し、読み込む方法はいろいろあるが、その中でも一番古い...
プログラミング一般

C#での設定ファイル管理とパラメータのバージョンアップ

アプリケーションを作成するにおいて、アプリケーションの設定情報やパラメータを管理することは、アプリケーション開発において基本的な作業であり、システムエンジニアにとって悩みのところでもあります。特に、アプリケーション規模が大きくなればなるほど...